いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

殿、利息でござる!

 

殿、利息でござる! [DVD]

殿、利息でござる! [DVD]

 

金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。町の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

パッケージには意味深な表情で、手元にある1枚の小銭を見つめる阿部サダヲ氏。

 

この映画は、阿部さんが金貸しになって、バカ殿や悪代官から金を巻き上げ、庶民にばらまく話に違いないと思っておりました。

 

ところが阿部氏が登場した時点で、金貸しでないことがわかります。

 

ということは、貧しい宿場だけれども、みんなで金を集めて上様に貸し付ける話かなと予想したのですがそれともちょっと違う。

 

いろいろと当初の思惑は外れてしまったのですが、とにかく莫大なお金を集めて殿様に金を貸そうとするお話です。

 

起案から金集めまで数年。一度はお上から「話にならん」と突っぱねられるなど、妙にリアルな設定だなと思ったら、これ実話なんですね。

 

映画を見終わって何となく次回作があるのかもしれないと思って勝手に設定を考えていたのですが、ふと思い出したのが歴史の授業です。

 

確か江戸時代に借金が帳消しになる政令(棄損令というらしいです)があったことを思い出し、もしかしてその時のドタバタが次回策か!と想像しています。

 

評判も良い作品なので、期待できそうです。

 

個人的にはもう少し厚みがある内容でもよかったかなと思いました。こってり系のラーメンを食べたいと思ったけれども、意外におしゃれな店で味もさっぱりしていた。

おいしかったけど、ちょっと満足できなかった。そんな感覚です。

 

最終的に彼らの生活が改善されたかどうかはわかりませんでしたし、お茶をたてるシーンもなし、宿場の金貸しや勘定奉行ももう少し曲者感があってもよかったと思いました。

 

なんというか、全体的に毒が抜けていてもう少し引っ掛かりが欲しいといいますか。

 

あまり深く考えずに、江戸時代にこんな話があったんだ、竹内結子さんの小料理屋のママ役は似合ってたなぁーとか、仙台ということで、羽生氏が出ていてびっくりしたとか、そんな感じでワーっとみる1本だと思います。

 

久々の邦画でしたが、同列の武士の家計簿もちょっと気になります。

今度見てみたいと思います。

 

セッション

 

セッション [DVD]

セッション [DVD]

 

2015年度アカデミー賞®のダークホースが、3冠を獲得!!名門音大に入学したドラマーと伝説の鬼教師の狂気のレッスンの果ての衝撃のセッションとはーー!?[才能]VS[狂気] この衝撃に、息をのむ。© 2013WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

見終わった後に、不快感と爽快感が同時に湧き上がるという何とも不思議な1本でした。

 

主な主人公はレスリングの某監督を思い出させるツルツル頭の指揮者(フレッチャー)とどこにでもいそうな、ちょっと冴えないドラマーの彼(ニーマン)。

 

自分で声をかけたにも関わらず、フレッチャーはドラムの彼に対して、強烈なパワハラを繰り返します。

 

映画の中とはいえフレッチャーはやりすぎです。しかし、覚醒したニーマンがそれにこたえようとすべてをすてて音楽に取り組みます。

 

そしてストーリー転換のきっかけとなる演奏会。ここで、大事件が発生し、ニーマンは演奏をすることができなくなります。

 

ああ、ニーマンはこれで終わりかという残念な気持ちと、解放されてよかったねという両方の気持ちが入り混じります。

 

目的を失ったニーマンですが、フレッチャーに偶然出会ってからがすごかった。

 

ここからが一番良いところですので、詳細は書きません。

 

フレッチャーのクズっぷりには腹が立ちましたが、ニーマンはもっとすごかった。

 

アレは、やり返したいとか、仕返ししたいという感覚ではないですね。オレはこれだけやれるんだ、これだけ才能があるんだということを誇示し、フレッチャーだけでなく、自分自身を納得させたかったのだと思います。

 

本当の狂人はニーマンなのかもしれません。

 

道を極めるということはこういうことなのでしょうか。ここまでやらなければ、人を感動させ後世に名を遺すような音楽家になれないのでしょうか。

 

映画のテーマともなっている音楽のタイトル調べていたら驚きの事実が。

この映画の原題はなんと『ウィップラッシュ(Whiplash)』。こちらのほうが数倍良いじゃありませんか。

 

なぜセッションに。。。

セッションというと強調するとか、相手に合わせるとかそういうようなニュアンスが含まれないでしょうか。ですから、私はラストは2人がきれいにかみ合うというラストを期待したのですが。

 

これはバトルです。自己主張です。どちらも尖っていなければなりません。

セッションというタイトルからは程遠い内容。

 

あえてそれを狙ってつけた和題なのでしょうか。

 

心が弱い人は、フレッチャーのパワハラをみるとウツになる可能性大です。それくらい強烈な映画でした。

 

視聴後の感想がずいぶんとわかれる1本になりそうだ。

 

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! / 山崎元,大橋弘祐

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

久しぶりに手に取ったお金の本。

 

タイトルどおりわかりやすく、シンプルに書かれており、うれしいことに、思った以上に広い範囲まで言及されておりました。

 

株、為替、持ち家 vs 賃貸、確定拠出年金、生命保険などなど。

20代後半から40歳くらいまでにかけて気になるお金のことがざっくりと解説されています。

 

読んでみてとりあえずこのくらいなら何とかついていけましたし、投資信託でも買ってみるかという気にさせてくれる1冊です。

 

買うべき投資信託は具体的な品目まで指定されているので、とりあえず少額でもよいから言われたとおりにやってみるというのは一つの手だと思います。

 

これをきっかけに少しずつ知識を身につけていき、自分に合わせて濃淡をつけていけばよいのです。

 

お金の導入書としては大変良い1冊だと思います。

 

私も30歳くらいから少しお金の勉強を始めましたが、長期運用は誘惑が多いのと、子供が産まれたりのイベントで全く予定通りに進んでいません。

 

ですが、巷にあふれるお金に関する情報をただ鵜呑みにするのではなく、ちょっと一呼吸して、少し長い目で見てみると見えてくるものは結構あります。

 

そういう意味では、もう少し早くお金の勉強を始めてもよかったと思いました。

 

老人になって金持ちでも仕方ないから、貯金は最小でいいやというスタイルの人もいるようですが、それはそれで潔いですよね。

 

私は子供達が何とかなるまでは責任を持たなければならないので、20年いや30年お金が持てばそのあとは霞でも食べて生きていこうと思っています。

 

ボケてどうしようもなくなったら山に捨ててほしいな。