いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

レオン

 

レオン 完全版 [Blu-ray]

レオン 完全版 [Blu-ray]

 

凶暴な純愛がここに完結する。『グラン・ブルー』『二キータ』のリュック・ベッソン監督が、ニューヨークを舞台に放つアクション・エンタテインメント!アカデミー賞女優、ナタリー・ポートマン鮮烈のデビュー作。『レオン オリジナル版』には未使用の、レオンとマチルダが心を通わす過程がより緻密に描かれた、22分のシーンを加えた完全版。家族を惨殺された12歳の少女マチルダは、隣の部屋に住む殺し屋レオンに助けを求める。戸惑いながらもマチルダに救いの手を差し出すレオン。そこから二人の奇妙な共同生活が始まった。弟の仇を討ちたいというマチルダにしかたなく殺しのテクニックを教えるレオンと、読み書きもできないレオンに文字を教えるマチルダ。やがて二人の間には父娘とも恋人ともつかない愛情が芽生えていくが…。

 

学生時代にレンタルして、とても良かった記憶が残っていました。

 

肝心の中身はすっかり忘れてしまっておりましたので、おそらく20年ぶりとなる再視聴になります。

 

殺人の腕は超一流で、ちょっと頭が弱いレオン(ジャン・レノ)と美人なマチルダ(ナタリー=ポートマン)の掛け合いは最強ですね。

 

レオンは渋いけどどこかひょうきん。マチルダはしっかりものだけど、(まだ子供なので)寂しがりや。

 

街並み、服装、ストーリーが完全に溶け合ってこの映画を最高のものにしています。

 

私は決してロリコンではありませんが、マチルダが超絶美人な上に、あの色気。ほんと、どうにかなりそうなくらい魅力的です。

 

この雰囲気は日本人にはないものでしょう。

 

大人とも言えず、子供ともいえないこの微妙な年齢を、ナタリー=ポートマンさんが完璧に演じ切っています。

 

 

一番好きなシーンは、レオンがマチルダを招き入れるあたり。

 

チルダが一瞬ですべてを理解し、とっさの機転でレオンのもとへ。

レオンの葛藤もよくわかります。招き入れた時点で、彼の運命は決まっていたのかもしれません。

 

コミカルなシーンも多く、楽しめました。

 

牛乳をきれいに吹くことができるのは、加トちゃんを除けばジャン・レノ氏くらいしかいないのではないでしょうか。

 

ラストシーンもよかった。父親役のおやじさんがもしかしたら悪玉かと思っていたのですが、そうではなくホッとしました。

 

このシーンから、次作(レオン2)があるのでは!?と思いますが、結局出されることはなかったようです。この作品を超えるのは難しいという理由もあるのでしょうか。

 

20年経っても、良い映画はやっぱりよいです。死ぬまでにもう1~2回見てもよいかも。

 

シャイニング

 

冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが…。 (C) 1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

二人の女の子:怖くない。

237の女性 :怖くない。むしろ若いときの姿はもっと見たい。

息子    :基本怖くないけど、「Red Rum」と言い続けるところはちょっと怖い

バーテンダー:怖い

奥様    :表情が怖い。全体的に奇妙なバランスで怖い。

父親    :怖すぎてトラウマレベル

 

パッケージに目を惹かれ、何の前提知識もなくて見始めたこの1本。

 

カーテンの向こう側に美しい女性がいて、それを見たいけど、どうやっても体が入らなくて見れないよ~的な図かと思いました。

 

油断しました。

これはホラー映画ですね。それも、精神的にくる感じのやつです。

 

一番怖いのは父親(ジャック)が時折見せる無表情なあれですよ。

笑っているわけでもなく、怒っているわけでもない。ただ一点をじっと見つめている。

 

小野をもって歩き回る姿よりも、その表情に狂気を感じました。

 

そして奥様。

 

なんでしょうか、あのバランスというか見るだけで不安になる女性は。メイク?表情?服装?体系?

怖がっている姿を見るのが怖いという、初めての体験をしました。

 

彼女が泣いて逃げ惑うシーンが続くと、次第に嫌なものを見たような気持になり、一思いにヤッテシマエと思った私は、この映画の影響でおかしくなってきているのかもしれません。

 

また、この映画は音もかなり意識していますよね。息子がホテル中を足こぎバイクで乗り回すのですが、床と絨毯の音の違い。

タイプライターのパチパチ、食器をひっくり返す音、息遣い。

 

これも恐怖に多大な貢献をしていると思います。

 

妄想と現実の境目があいまいで、一つにまとまっているようでちぐはぐ。私自身がバラバラになってあたりを漂い始めるような、そんな気分にさせられた1本でした。

 

常用してしまうと、精神に異常をきたすこと間違いない作品だと思います。

 

ちょっと印象に残った作品です。私の映画ランキングが少し変化しそうです。

 

刑務所なう。: ホリエモンの獄中日記195日/堀江 貴文

 

 

読み終わってからの感想は、あれ?服役はあと1年以上残っているのに、これで終わり!?

 

ということは続編があるのだろうと調べてみると、シーズン2がありました。

なるほど、シーズン2から、刑務所わず。につながっていくというわけですか。

これは読んでみないといけません。

 

飯の話が本文の半分くらいを占めている印象ですが、刑務所ではなかなか不思議な組み合わせのものが出されるようです。

 

私は、ごはんに桜でんぶは無しだとおもいます。また、梅びしおが何なのか最後まで分からず気になって仕方がなかったので調べるはめに。

 

うーん。これは結構おいしそう。

 

ニュースに対する短評やら、面会の話やら、シャバからみた堀江氏の様子だとか、結構いろいろなことが書かれていますが、獄中だからという理由で、規制されている箇所も多いんでしょうね。

 

「歯を食いしばれ~」なんてことはなかったでしょうが、刑務所は更生が目的です。

 

堀江氏が囚人のカットをしたり、掃除をしたりなんて想像しがたいですが、楽しいことばかりではなかったことは十分にわかりました。

 

獄中の堀江氏の頭の中の話もでてくるのですが、「来年も刑務所で年越しか」などの弱気な発言が、より人間っぽさを感じさせてくれます。

 

そんな生活でしたが、2日に1冊のペースで本を読むあたりはさすがです。

 

さぞかし難しい本ばかり読んでいるのかと思いきや、私が読んだことがある本や漫画も読まれていて、親近感がわきました。

 

服役前半をまとめたこの1冊は、堀江氏は元気だぞというメッセージが強かったと思います。後半はよりドラマチックに仕上がっているのではないかと勝手に予想しています。

 

堀江氏は私のことは知らないとおもいますが、私は堀江氏のことは結構好きです。

シーズン2ももちろん挑戦してみます。