いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

ロード・オブ・ウォー

 

ロード・オブ・ウォー [DVD]

ロード・オブ・ウォー [DVD]

 

ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・オルロフは、少年時代に家族とニューヨークへ渡り、両親が営むレストランを手伝いながら育った。ある日ロシア人ギャングの銃撃戦を目撃したユーリーは、レストランが食事を提供するように、戦場に武器を供給する仕事をしようと決心する。弟のヴィタリーとパートナーを組んで闇の世界に足を踏み入れたユーリーは、混沌とした世界情勢を追い風に、瞬く間に世界有数の武器商人へと上り詰めていく。だがその動向を嗅ぎつけたインターポールのバレンタイン刑事が背後に迫っていた。(c)2005 Film & Entertainment VIP Medienfonds 3 GmbH & Co. KG and Ascendant Filmproduktion GmbH

 

何気なく見始めたのですが、気楽に見る内容ではありませんでした。

 

各地で発生している紛争。そこで使われている銃器は、アメリカ、ロシア、中国などの先進国で作られたもの。

 

ニコラス・ケイジが演じる死の商人の半生を2時間にまとめ、武器取引の実情の知ってもらうのがこの映画の目的でしょう。

 

世界的に核兵器の撤廃が叫ばれていますが、結局のところパフォーマンスでしかないのでしょうか。

 

裏では大量の武器の輸出入が行われ、その武器で多くの命が失われている。

 

北朝鮮が核を手放せば、世界が平和になると思いきや、実はそうではないことに改めて気づかされました。

 

さらにこれは実話をもとにしているというから驚きです。日本では社会問題を取り扱った映画ってあまり聞かないのですが、売れないから作らないのですかね。

 

平和だから良いと言ってしまえばそれまでですが、いろいろと闇の深い問題が日本にもたくさんあると思うのですが。。。

 

 

映画で印象に残ったシーンを1つだけ。

 

超絶美人の妻が、夫(ニコラス・ケイジ)に対して「なぜ銃器を売るのか?」という質問をします。その時の夫の回答が「才能があるから」

 

答えになっているような、なっていないようなこの回答が妙にリアルで、薄気味悪さを感じました。

 

人が死ぬとか死なないとかのレベルではないようです。私のような凡人にはかけ離れたところで世界を見ているのでしょう。

 

これが現実で核兵器撤廃はパフォーマンス。

 

我々が見せられている現実って、半分くらいは疑ったほうがいいのかもしれませんね。

 

ROOM

 

ルーム(字幕版)
 

[部屋]から脱出した母と息子。衝撃と感動、その先にあるものとは-!?©Element Pictures/Room Productions Inc/Channel Four Television Corporation 2015

 

久々にきました。

私の映画人生の中の、5本の指に入りそうなくらいの良作。

 

もうね、後半ずっと電車の中で涙をこらえるのに必死でした。

周りから見たら相当気持ちわるいおっさんだったと思うけど、まあ仕方ないです。

 

冒頭、仲の良い母親と息子が登場し、ファミリーものかな?なんて軽い気持ちで見始めました。

 

息子がちょっとアレっぽかったので、発達障害のお話かと思いましたが、話が進むと実は部屋(ROOM)に閉じ込められていることが何となくわかります。

 

なるほど、ROOMから脱出するお話かと頭を切り替えましたが、これまた意外にあっさり脱出。

 

映画を見始めてまだ1時間しか経っていない。母親も子供も救出されてハッピーエンド!これ後半どうするの?

 

と思いましたが、ここからが本番でした。

 

決して誠実ではないじいちゃんやばあちゃん。心無いマスコミ、病院の先生。完璧でない大人たちも不器用ながらジャックを精いっぱいフォローし、少しずつ前に進んでいくジャック。

 

子供はやっぱり素直なんですよ。それを捻じ曲げてしまうのはやっぱり大人。どんな理由があったせよ、自殺未遂をした母親には相当怒りを感じました。

 

最終的にジャックの一挙手一投足がおとな達を助け、エンディングに。

 

冒頭の「Hello」をしっかりと回収してから、ママはやっと新しいステージに立つことができるようになります。

 

あー、これ書いていてまた泣きそうになった。

 

ジャックはただただ、まっすぐ生きているだけなんです。

いろいろな理由をつけて現実を受け入れられないのは、醜い大人なのです。

 

ああ、大人になんてなるんじゃなかった。

 

ドニーダーコ

 

ドニー・ダーコ Blu-ray
 

マサチューセッツ州ミドルセックスドニー・ダーコ17歳。飛行機のエンジンが家に落ちて以来、彼の前に銀色のウサギが現れる。ウサギが告げる[28:06:42:12]、転校生の美少女、ホーキング博士、地下室の扉…。彼をとりかこむ全てが「あのこと」を告げている。28日後の世界で彼を待っているのは一体何なのか?(C) 2001 PANDORA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

知人がこの映画が大好きといっていたので、どんなものか見てみようと思いダウンロード。

 

何度も繰り返し見たくなる映画と言われているにふさわしく、初見では正直よくわからないことだらけでした。

 

現実と空想が入り混じっていることはわかりました。

「これ着ぐるみにしか見えない」と思っていたウサギが本当に着ぐるみだったときは、これはギャグ映画なのかと思いました。

 

笑うようなシリアスな映画では決してなく、結局のところ、ドニーが自宅のベッドでなくなるその一瞬の間の妄想でよいのでしょうか。

 

どっちの世界の話なのかこんがらがってきて、確かに何度も見直したくなる1本だと思います。

 

冷蔵庫のホワイトボードは、ドニーにしか見えてないのかな?

 

彼女と二人で見に行った映画館(AEROとかいう名前)。

放課後にも再度アップで映画館の名前を映しています。

違いはなかったように見えたのですが、繰り返して映す意味は何なのでしょうか?

 

ラストシーンで母親だけ少し離れたところでタバコを吸っているのは、ドニーが死んでちょっとほっとしているとか?また、手を振るのはなぜ?

 

何度も見れば新しい解釈が生まれそうな作品ではありますが、踏み込むと後戻りできなくなりそうなので少し間を空けたいと思います。

 

実は、皆さんの評判が高いゲームオブスローンズを見たくて仕方がなくて。。。

 

 

シーズン6までしかプライムビデオで見られないのですがとても楽しみにしています。

 

またしばらく、ドラマ漬けになりそうです。