いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

コロンビアーナ

 

コロンビアーナ (字幕版)
 

 美しき暗殺者、カトレア。 彼女の生きる意味――それはただ、復讐を果たすこと。 リュック・ベッソンが贈る、『ニキータ』『レオン』に続く新たな伝説! 1992年、南米・コロンビア。マフィアの幹部を父に持つ9歳の少女カトレアは、マフィアの大物の差し金により、目の前で家族を惨殺される。必死に逃亡し、叔父を頼って米国シカゴにやってきた彼女は心に復讐を誓う。 15年後、そんな思いを抱いて成長したカトレアは凄腕の殺し屋として暗躍。やがてマフィアが本気で彼女を追い込もうとしたとき、予期せぬ事件が相次いで起こる。すべてに決着を付けるべく、カトレアは銃を手に取る。心を引き裂かれ、絶望に打ちひしがれるカトレアの復讐の炎が、静かに、しかし激しく燃え上がる! (c) 2011 EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS

 

表紙のパッケージの女性に惹かれてしまい、ついついダウンロードしてしまいました。

 

舞台はタイトルどおりコロンビアです。コロンビアーナは復讐に燃える女アサシンです。

 

彼女のすばらしい肢体とアクションは見ものですね。最後までしっかりと見ることができました。

 

恋人が写真を取ってしまうシーンは、これやばいやつだよな、どうなっちゃうんだろうとハラハラしてしまいました。

 

彼女の寝顔は、自分の楽しみだけにとっておけよと思いつつ、その写真がきっかけでコロンビアーナはひどい目に。

 

彼氏といる間は貴重な安心できる時間だったのに、一瞬の油断が命取りとはこのことですね。


いろいろありますが、彼女は目的を果たせたのでハッピーエンドですかね。もちろんやられたほうはバッドエンドですけれど。


女アサシンになるならないはおいといて、マフィアの抗争であちらの国ではこんなことが日常的に起こるのでしょうか。

 

自分でなく、家族がやられるというのは精神的なダメージが大きいのですかね。
怖いを通り越して、なぜそうまでする必要があるのか疑問に感じます。本人同士でやりあって双方自滅してくれればよいのに。

 

日本は平和ボケしているとかいわれますけど、ボケるくらい平和で何が悪いと思いますね。

【プライムビデオ布教活動】よくある質問とその回答

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

 日々、Amazonプライムの布教をしているのですが、よく言われることがあるので、書き残しておこうかと思います。

 

第一位

データ通信量に余裕がなくて、映画なんて見れません。

 

回答

映画は事前ダウンロードできます。

 

なぜか誤解している人がおおいこの問題。

Amazonプライムビデオは事前にダウンロードしておくことが可能です。

 

といいますか、この手のサービスは今ではほぼ端末にダウンロードできるようになっていると思います。

 

家のインターネット回線は別途持っているという人が多いと思いますので、そこからWifi経由でダウンロードすれば、データ通信料を気にする必要はないです。

 

第2位

スマホに映画を保存するだけの容量がない。

 

回答

どういうわけか、これも結構言われることの一つです。

 

映画というと一本4G~5G位をイメージしているのでしょうか。画質をあまり気にしなければ一本数百Mです。

 

私はいつも標準でダウンロードしていますが、スマホであれば画質はあまり気にする必要はないです。

 

もちろんSDカードにも保存できます。今SDはかなり安くなっているので、どうしても足りなければSDの追加購入をご検討ください。

 

 

 

第3位

料金が高そう

 

回答

ですから、Amazonプライム会員になれば無料で使えますってば。。。

 

Amazonプライム会員は年間3900円です。計算してみてください。Huluや安いといわれているDTVなどと比較してもかなり安いです。

 

Amazonプライム会員になれば、お急ぎ便や送料無料などの特典もあり、それ以外にプライムMusicがあったり、Kindle本で毎月1冊無料だし、定期便は便利だし。。。

 

ネットショッピングに抵抗なければ、Amazonで数回買い物をすればすぐに元が取れる計算になります。

 

Amazonプライムビデオは、プライム会員のおまけなので、別途費用はかかりません。

 

ついでに番外編を少し。。。

 

番外編1

大人のビデオしか興味ないです。

 

回答

Amazonには大人のビデオはないので、別のサービスをご利用ください。

 

ちょっと色っぽいのはありますが、そういう系のを見るとおすすめでそんなのばかりが表示されてしまいます。

 

IDを家族と共用する方は要注意です。

 

 

最近はAmazonの営業みたいになってきたと思います。

今度はお気に入りの映画をまとめてみようかな。

 

放浪記 / 林芙美子

 

放浪記 (新潮文庫)

放浪記 (新潮文庫)

 

 森光子さんのでんぐり返しがあまりにも有名なこの作品ですが、手元にあったので読んでみました。

これは林氏の日記です。大正時代の様々な出来事がいきいきと書きつづられており大正時代のブログといったところでしょうか。

いろいろな事に悩んだり、喜んだりすることはいつの時代も同じですね。


本人はこれを公開するの恥ずかしくなかったのだろうか・・・。

私も日記を付けていたことがありますが、それを公開することなんてとんでもないことです。


カフェの女給やら、セルロイド工場の女工など現代の時代ではなくなってしまったものや言葉がたくさんでてきて、時代を感じさせます。

感動をしたというよりは、当時の生活を疑似体験できるような内容ですね。

大正時代が好きな人は読んでみてください。