いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

舟を編む / 三浦しをん

 

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 

 読みたいと思ったのは映画のポスターを見たときです。

舟なのに編む?だけども、辞書を作る話?

3つのキーワードがどのように取り扱われているのかとても興味が湧きました。



はじめに映画のポスターを見たため、若い男女が中心なんだろうと思っていたのですが、これ、主人公は男性一人ですね。

そして、主人公はポスターに乗っているようなさわやかイケメンではありません。

服装にも気を使わないだらしない人で、挙動不審などと言われるような人です。

ただ辞書に対する情熱は強く、その情熱で多くの人を励まし勇気づけます。


この男性が辞書作りに参加するあたりが7割。途中はすっ飛ばして辞書が完成するあたりのお話が残り3割といった構成になっています。

この本を読む途中に、本の表紙や裏を確認して月のマークを探したのは私だけではないはずです。

完成した辞書を自分手に持っているような印象が残りました。

このやり方はイイですね。


読了後は、普段何気なく使っている言葉を大事にしようと思いましたよ。

さすが本屋大賞。おすすめです。

キャスト・アウェイ

 

 チャック・ノーランドは、世界宅配便“フェデックス”の敏腕システム・エンジニア。世界中を駆け回り、システム上の問題解決に明け暮れている。一秒も無駄にしないことが彼の信条だった。そんなある日、彼の乗った飛行機が事故を起こす。奇跡的に一命を取り留めたものの、彼が漂流した先は無人島だった。まったく孤立無援の環境に投げ出されたうえ、日常の便宜から切り離され、チャックは生きるために必要な水と食料、寝る場所の確保の問題に直面する。過酷な環境の中、彼は孤独という精神的な試練に対し、ケリーを心の支えに生き抜く。4年が経ち、ついにチャックは無人島から脱出して文明社会の現実へ戻る。だが、そこで彼を待っていたのは、更なる厳しいもうひとつの試練だった……。

 

こちらも名作としてさんざん紹介されている1本です。

 

トムハンクスは名前と顔が一致する数少ない俳優さんの一人で、私は彼がとても好きです。

 

あらすじは省略しますが、こちらもとても面白かったです。

 

無人島に立った一人で取り残されるなんて、実際に体験したら恐怖でしかないと思うのですが、トムハンクスのキャラも影響して、滑稽な生活として演出されています。

 

やっぱり、バレーボール君(ウィルソン)との出会いと別れはこの物語の中にはなくてはならないアクセントだと思います。

 

今まで何度かウィルソンの話を聞いたことがあったのですが、話についていけず悲しい思いをしていたのですが、これでわかりました。

 

「ウィルソーン」と「アパーム、アモー」は使えるようになりました。

 

会員の方もそうでない方もおすすめの1本です。

きっと、うまくいく

 

きっと、うまくいく [DVD]

きっと、うまくいく [DVD]

 

 日の出の勢いで躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。エンジニアを目指す天才が競い合うキャンパスで、型破りな自由人のランチョー、機械より動物好きなファルハーン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの“三バカトリオ”が、鬼学長を激怒させ、珍騒動を巻き起こす。 抱腹絶倒の学園コメディに見せつつ、行方不明のランチョーを探すミステリー仕立ての“10年後”が同時進行。根底に流れるのは学歴競争。加熱するインドの教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける万国普遍のテーマ。(C)Vidhu Vinod Chopra Production 2009.All rights reserved 

 

どこから書いたらいいかわからないくらいむちゃくちゃはまりました。

 

悲しいときもオールイズウエル、楽しいときもオールイズウエル。

見終わった後、頭の中で「オールイズウエール」がしばらく繰り返されました。

 

青春ドラマになるでしょうか。3時間というかなり作品なのですが、時間なんて気にならないくらいぐっと引き込まれて、危うく電車を乗り越し思想になってしまいました。

 

笑いあり、涙あり、感動あり、そしてインド映画特有のみんなでダンス!

 

はじめてインド映画を見て、あのダンスにびっくりしたのですが、この作品ではまったく違和感なしです。電車に乗っていなかったら私絶対に一緒に踊っていたと思います。

 

インドと日本では文化の違いはもちろんありますが、根っこの部分は一緒なんだなとこんなところから感じることができました。

 

あー、とにかく細かいことは良いからまだ見ていない人はぜひ見て欲しい。

私は電車の中で本当に泣いてしまったので、すぐ泣いちゃう人は家で見てくださいね。

 

明日からまたがんばるぞ!という気持ちにさせてくれます。