いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

世界にひとつのプレイブック

 

妻の浮気が原因で心のバランスを崩しすべてを失くしたパッドは、近所に住むティファニーと出会う。過激な発言と突飛な行動を繰り返すティファニーに振り回されるパッドであったが、彼女も実は夫と死別し、心に傷を抱えていた。ティファニーは強引にパッドを誘い、ダンスコンテストへの出場を決意する。人生の希望の光を取り戻すためのふたりの挑戦がはじまった――。(c)2012 SLPTWC Films, LLC

妻の浮気でうつ病になってしまった主人公と、夫を亡くしこちらもうつ病になってしまったヒロインとの恋愛のお話です。

 

しょーもないジンクスを持つ父親や、うつ病一歩手前の友人なども出演し、うつ病を前向きに捉えてある作品だと思います。

 

本当の病気の場合は、こんなにうまくいかないことが多いのでしょうけど…

 

二人の会話のかみ合わなさ加減もなかなかよく、最後はハッピーエンドに終わって本当によかったと思います。

 

プレイブックというのが何だろうか気になって翻訳サイトを調べたのですが、脚本やアメフトのフォーメーションが記載されている作戦図と記載ありました。

 

つまり、主人公を立ち直らせるために、ティファニーや両親、友人が計画をしたシナリオだったということなのでしょうか。

 

そういわれれば、二重儲けの部分ではティファニーと両親は初対面でないような雰囲気でしたね。


脚本どおりに話は進み、賭けにも勝って一安心。

 

しかし、彼の気持ちまでは脚本どおりにならない可能性があり、元妻であるニッキのところに行くシーンの、ティファニーの不安そうな表情はとてもよかったです。

 

不倫したニッキが憧れの人みたいな感じで取り扱われていますが、普通に考えれば、彼女相当ゲスですし、賭けなんてやっている父親も相当ひどい。

 

ということは唯一まともだったのは、主人公となるのかな???

そこまで考えてのこの映画。やっぱり映画ってすごいな。

 

THE ICEMAN 氷の処刑人

 

THE ICEMAN 氷の処刑人 [DVD]

THE ICEMAN 氷の処刑人 [DVD]

 

心優しき父親にして、冷酷無比な暗殺者 なぜ彼は殺し続けたのか…? 1964年、米・ニュージャージー。リチャード・ククリンスキー(マイケル・シャノン)はデボラ(ウィノナ・ライダー)という女性と結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日ククリンスキーは、職場に現れたギャングのロイ・デメオ(レイ・リオッタ)に銃を突きつけられるが、まったく動じる素振りを見せない。その並々ならぬ度胸を見込んだロイによって、裏社会へ招き入れられるククリンスキー。やがて彼は、ロイ専属のヒットマンとして血生臭い仕事を請け負うようになり、良き家庭人から謎の連続殺人鬼“アイスマン”へと変わっていくのだった…。(C)2012 KILLER PRODUCTIONS, INC.

 

 

こちらも実話を元にして作られた作品です。

 

殺人鬼というとサイコパスシリアルキラーという言葉がすぐに思い浮かびますが、少なくとも100人以上を殺害した彼はもはや人間の形をした悪魔と言い切って良いでしょう。

 

殺すということに何の感情も持ち合わせていないのです。

 

しかし、自分の家族は何よりも大切にし、女子供は手を出さない。この矛盾こそがサイコパスそのものだと思います。


照明や音楽、風景や人物など華やかさは一切排除され、作品は最初から最後まで悲壮感が漂っていました。破滅にしか向かわないことを確信しながら映画を見ましたが、やはり…。


彼には娘2人がおりましたが、もし息子だったらどうなっていたんだろうと思うと少し怖いです。

 

彼の家庭環境も複雑だったんだと思いますが、仕方ないで片付けるにしてはあまりにもひどすぎる。最初から最後まで、誰も幸せになっていないというなんともいえない作品でした。

 

この話を見終わったときに思い出したのは、アウシュビッツの収容所の看守のお話です。何万という人を毒ガス室送りにしながら、家に帰れば暖かい家族が待っており、仕事をねぎらってくれる。

 

それに矛盾を感じることはなかったということです。

彼らに出会ったら最後、運が悪かったとあきらめるしかないのだろうか。

 

ウォーキングゾンビランド

 

ウォーキング・ゾンビランド [DVD]

ウォーキング・ゾンビランド [DVD]

 

保安官のリンカーンは、息子のデッドボールが原因で昏睡状態に陥ってしまう。29日後、目を覚ますと世界の文明は崩壊しており、生ける屍が歩きまわっていた。彼は息子のクリスを連れて、ショッピングモールで生き残っている人間と合流する。ここではらちがあかないと考えたリンカーンは、ゾンビ・フリーゾーンの“約束の地”である農場を目指す― 過去30年にわたる“ゾンビ”映画へのモチーフを集め、ゾンビ愛を存分に詰め込んだ作品! ゾンビものの映画は数あれど、この作品を楽しめるのは究極のゾンビ映画ファンである証拠! A級からC級、Z級の作品までを、笑って楽しめる大爆笑のパロディ・ムービー。(C)2014 WALKING WITH THE DEAD MOVIE, LLC

外装からして、パロディに違いないと思い、たまにはこんなゾンビは良いかと思ってみはじめました。

これまでたくさんゾンビ映画をたみていて本当に良かったと思える1本でした。


いろんなところにネタ(ニヤニヤポイント)が仕込まれていて、大笑いはしないもののが、最後まで楽しむことができました。

 

最後はみんなで水遊び。楽しそうだなー。だけど一人だけ実弾。。。というのが最高に笑ってしまいました。


個人的にもうひとつつぼだったのが、カールと呼ぶところですね。
いや、「俺カールじゃない」とお約束のように繰り返されるのが、後半からじわじわきます。

 

あー、こうやって書いている間も思い出し笑いで顔が崩れるのもいいですね。


Amazonプライムでしっかりとゾンビ映画を楽しんだら、たまにはこんな感じのものもお試しください。

 

ちなみに、ゾンビの特殊メイクはびっくりするくらいクオリティが高く、結構怖いです。

 

あまり出番がないのが気の毒なくらいでした。