読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

透明な一日 / 北川歩実

透明な一日 (創元推理文庫)

透明な一日 (創元推理文庫)

 

推理小説?サスペンス?ジャンルはよくわかりませんが、人が何人か奇妙な死に方をして、それを主人公が解決するというもの。

 

この手の本って「大どんでん返し」という言葉が良く使われていますが、これはちょっとどんでんしすぎのような気がします。わかりやすければいいけれど最後のあたりは混乱してしまいました。

 

まあ、背表紙に「多重どんでん返し」って書いてあるくらいですから覚悟はしていたのですが・・・

 

こういう本は、トリックを考えながら読むと楽しいんだろうけど、それが出来ない俺はちょっと損していると思います。お勧め度としては、好きな人は読んでみたら?というくらいかな。

 

これと比較すると、東野圭吾のほうが確かに読みやすいなぁ。彼の本が売れるのもわかる気がします。