いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

どんどん橋、落ちた / 綾辻 行人

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

 

ミステリーはほとんど読まないのですが、タイトルが面白そうだったので手にとってみました。

 

犯人を考えながら読み進めるといいのでしょうが、私はそういうのだめなんですよね・・・すぐに解答編を見てしまう。

 

推理小説のトリックはすごいですね。いったいどんな頭の構造をしていたらこんなの考え付くのでしょう。

 

作者である本人に殺人事件の犯人当てクイズが出されるような形式で物語は進んでいきます。

 

もちろん読者もそれに参加できるのですが、私はすぐに解答編をみたので参加したというよりは、ただの傍観者といったところでしょうか。

 

最後のお話しだけは、犯人がわかって少し気分がよかったのですが、もう一ひねりしていました。さすが。

 

作中に「私は甲虫ではなく、それに群がる蟻の1匹だ」のような記述があり、この言葉が、読了後に妙にこころに残ってしまいました。

 

いったい何を伝えたかったのかが、いまだにわからない。