読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

あるキング / 伊坂幸太郎

あるキング

あるキング

 

幼いころからバッティングの天才であった王求(おおく or おうく)がプロ野球選手になって記録を作るまでのお話。

 

・・・ですが王求は野球選手である必要はないと思います。

王(=キング)でありさえすれば、サッカー選手でも、ピアニストでもいいんです。

 

 

毎日ひたすらに練習をする王求。キングになってからも、特別なことは何もなく、打席に立ってバットを振り続ける。

 

小説の中に織り込まれた既視感。そして0歳という章から始まって0歳という章で終わる構成。

 

この小説には「繰り返し」というテーマが含まれているのだと思います。


盛者必衰、歴史は繰り返される・・・。うまい言葉が見つかりませんが、どんな人生を歩んだとしても、繰り返しの積み重ねで世界は成り立っているんだ。

読了後にはそんな感想を持ちました。

 

伊坂氏ってこんな感じの作品もあるんですね。

かかしやピエロの世界観のイメージが強かったので少し驚きました。