いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

死ねばいいのに / 京極夏彦

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

 

京極氏の本はほんっと分厚いのが多いのですが比較的薄い(良心的?)なものを選んで読んでみました。

 

伊右衛門のイメージがあったので、期待していました。最後がちょっと良かったですね。テーマが決まってオチも決まっているから入り込みやすい。

 

ただ、京極氏の他の作品に比べると、少し見劣りならぬ読み劣りがするような感じでした。

 

相変わらず表紙に凝っていますよね。お好きな方は是非。