いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

蒼翼の獅子たち / 志茂田 景樹

蒼翼の獅子たち

蒼翼の獅子たち

 

どの本を読もうかと思っていろいろと作家を検索していたら、志茂田氏のWikiにたどり着きました。

その奇抜な風貌からは想像がつかなかったのですが、たくさんの作品を描いていたので、数冊借りて読んでみることにしました。

残念ながら図書館にあったのは、この本と心療内科のみ・・・本当はPKOの話ややっとこ探偵、戦国長嶋巨人軍とかが読みたかったのだけど、仕方がありません。

舞台は明治初期だと思います。個人的にこの時代はあまり好きじゃないんです。だからどうも入り込めないんですよね。やっぱり第1次世界大戦くらいからじゃないとシチュエーションが燃えない・・・。

とにかくすごい優秀な人たちが当時頑張ったということを描きたかったんだと思われます。Wikiをよく読んでみると、この本は「学校を作ろう」の原作ということ。映画にもなっているんですね。

にしても志茂田さんの格好といい、生き方といい、ちょっと気になる。