いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

三階の魔女 / 山崎洋子

 

三階の魔女 (講談社文庫)

三階の魔女 (講談社文庫)

 

短編小説が7編登場する作品です。

 

1作目の主人公が美男美女だったので、これは私の苦手なパターンかと思いきや、最後まで楽しめました。

 

どんでん返しという言葉はあまり好きではないのですが、すべての作品で犯人はいちばんの被害者を装っており、最後でネタばれという形になります。

 

テーマとなっているのは愛情ではないかと思います。ただ、若干ゆがんでいる...それもなかなかよかったです。

 

一番好きだったのは、『人形と暮らす女』ですかね。少し狂った感じがとても気に入りました。