いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

この指とまれ / 小川勝己

 

この指とまれ  -GONBEN-

この指とまれ -GONBEN-

 

こういうのクライムノベルっていうらしい。

学生かそこらの若いプリテーギャルが詐欺を働いてうまいことお金を稼ぐってお話です。

メンバの何人かは可哀そうな殺され方をするんだけど、そのきっかけを作ったのは同じメンバーの中の一人という、結構ひどい内容です。

これもちょっと登場人物が多くて、途中だれがだれだかわかんなくなってしまいました。理解力低すぎるのかなぁ・・・。

涙が出そうになるほどの感動もなかったし、びっくりする大逆転もなかったけれど面白かったです。というよりか、飽きることなく読むことができたのほうが正しいかも知れません。

読み飛ばしてしまう1冊ということになってしまうのかな。

それにしてもタイトルの横についている-GONBEN-ってなんだろう? 「言」のこと?私の知らない隠語なんでしょうか???