いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

書楼弔堂 / 京極夏彦

 

書楼弔堂 破暁

書楼弔堂 破暁

 

 

どんな本を借りようかと、図書館内をうろうろしていると、見覚えのあるタイトル。

 

Evernoteにメモを取っておいた、京極氏のこの一冊が書架に残っていました。

 

前から読みたいと思っていたので、迷わず借りてわくわくしながらページをめくりました。

 

本や巻物、新聞など、ありとあらゆる書物を取り扱っている、書店...ではなく書楼が舞台のお話です。

 

いろんな事情があって人生の1冊を探している人がこの書楼にたどり着き、妖怪みたいな店主に説得されて本を買ってしまうお話です。

 

好きな作家の本なので、ネガティブな意見を書くのはつらいのですが、私は最後まで入り込むことができませんでした。

 

風邪ひいてるのかな?疲れているのかな?なんて思いながらの読了となりました。

 

巷説百物語嗤う伊右衛門、死ねばいいのに、冥談、狂骨の夢も全部よかったのに。

 

たぶん、天気のせいだ。