いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

おくりびと / 百瀬しのぶ

 

おくりびと (小学館文庫)

おくりびと (小学館文庫)

 

図書館においてあったのでつい借りてしまいました。

 

映画化されたのは知っていたのですが、この薄さで映画化なんてできるのか?なんて思うくらいページ数が少なかったです。

1時間弱で読みきることができ、内容も十分で思わず泣きそうになる・・・ほどではありませんでしたが、ぐっと来るときが何度かあり、満足のいく内容でした。

最後はおそらく親しい人を送るんだろうと思っていましたが、予想通りと言う形でした。

映画では、広末涼子さんが奥さん役を演じたようです。

書籍の奥さんと広末さんは残念ながら重ならなかったんですよ。

書籍では、旦那よりも年上の設定です。もう少しお姉さん的なイメージですかね。あと、奥さんはそれほどキーとなる人ではないと思います。どちらかと言えば脇役的ですね。

でも、人間が死ぬって言うことは、いったいどういうことなんでしょうね。読み終わった後、しばらく考え込んでしまいました。

ガッツリ読みたい人にはちょっと物足りないかもしれないですね。