いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

不自由な心 / 白石一文

不自由な心 (角川文庫)

不自由な心 (角川文庫)

 

この作品は、不倫と死について取り扱ったものです。

 

同じテーマで複数の物語があるのですが、どの作品も都度考えながら読むことができました。恋愛の形と言うのはほんとうにいろいろありますね。

この人の作品は好きです。物語がさらさらと流れて行く感じと言うか、淡々と進んでいくというか、その感じがとても気に入っています。

実際の不倫ってどんな感じなんでしょうか。

 

イメージとしては、もっとドロドロ・・・って言うとありきたりな表現になってしまいますが、いろいろな思いが交錯しそうな気がします。

単に好きとか嫌いとかそれだけじゃなくて、金銭的なことやら社会的な立場やら、人間の欲とかですね。

私も恋人欲しいときもありますが、実際はいると大変なんだろうと思います。昔わかれた恋人とかに再会したらやばいかもしれませんねw。

もちろん、お互いがそういう気にならないとだめなんですけどね。残念ながら私はそんな機会にめぐり合いそうにありません。

なんとなくもやもやしている人は、この人の本を読んで、疑似体験するのもいいかもしれません。