いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

江戸の検屍官 闇女 / 川田弥一郎

江戸の検屍官 闇女 (講談社文庫)

江戸の検屍官 闇女 (講談社文庫)

 

なかなかおもしろかった。これもあたりですね。

 

でもタイトルと中味がちょっとイメージと違いました。

 

闇女ですからもう少し恐ろしい女性の話があるかと思いきや・・・。

 

場所は江戸。推理小説です。トリックがたくさん仕掛けられているというよりは、物語が確実に進んでいくようなお話ですね。

次々と起こる殺人事件を解決していくそんなお話です。

たまにちょっとやらしいシーンというか、そういうのがあってあれはあれで良いですね。

でも出会い茶屋なんて本当に昔あったのだろうか。ってGoogleに聞いてみたらあったらしい・・・。

いつの時代も男女の下半身事情は面白いなぁ。