いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

戦争論争戦 / 小林よしのり

 

小林よしのり氏と田原総一朗氏の数回の対談をまとめたもので、2人の会話がそのまま記載されているような内容になっています。

テーマとしては戦後の日本と今の日本についてですかね。戦争責任が云々というのではありません。

このような形で議論ができるというのは日ごろから鍛えておかないとだめなんでしょうね。

幅広い知識が必要なことはもちろんのこと、相手の表面の意見だけでなく、うらっかわの想いも読み取ると。

戦争は私は反対ですが、あの戦争と戦後の頑張りがあったからこそ今の日本ができたのだと思っています。

不景気だゆとりだなんて言わずに、何とか我々が踏ん張りたいものです。