いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

夜よりほかに聴くものもなし / 山田風太郎

 

 推理小説です。時代としては昭和の中ごろの話かな。

いくつかの短編小説に分かれていますが、殺人をする動機に焦点を当てている点が他の推理小説とは異なります。

タイトルが好きで読んでみたのですが、タイトルのイメージとはちょっと異なる感じでした。