いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

食堂かたつむり / 小川 糸

 

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

 

ユニークなタイトルと、確か映画化されていたことを思い出して借りてみました。

 

母親が死んでしまう話なので、悲しいことは悲しいんですが、それよりも印象に残ったのがおじいちゃんの話や、ブタちゃんの話やハトのお話が結構残酷だったことですね。

物語そのものはほのぼのした印象を受けるのですが、それらのお話が良いアクセントとなっていたような気がします。たぶん映画ではカットされているんじゃないかな。

生きるってことは本当に罪深いことだよなぁ。それをしみじみ感じた作品でした。

映画では柴咲コウと、あのトンデモ精神科医の映画でも出ていた余貴美子
二人のイメージがあまりにぴったり過ぎて驚くほどです。

電車の中で読み切りましたが、3回くらい泣きそうになったお話でした。

 

でも、恋人がインド人ってなにか意味あるのかな?多少料理に影響はでていたけど、深い意味はないのかな。