いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

手紙 / 東野圭吾

 

手紙 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

 

東野氏の書籍は結構読んでいるんだけど、どうしても合わない作品が多く低評価になってしまうんですよね。

実際はものすごく売れている作家でもあるので、私のレビューはあてにせず、自分で読んでみることをお勧めします。

こちらも人に勧められた一冊。

結論から言うと今まで読んだ中では一番面白かった。だけど相変わらず人が印象に残らない。俺、登場人物が多いものはダメみたいですね・・・。

何冊か読んでみて思ったんだが、東野圭吾はテレビ向けのシナリオライタではないかと思う。

小説を書くときはこの人は○○で・・・って実際の芸能人をイメージながら書いている。だから、人物について詳しく書く必要がないわけ。

そこまで考えて、あんな感じにしているんじゃないかと思う。

内容はシンプルでいたって分かり易い。テンポは私には早すぎる。そして良くあるパターンが延々続いて物語が終わります。

今まで読んだ中だとバッドエンドありませんでした。そのため、今回も悲しい終わり方ではないので、最後まで安心して読むことができたような気がします。

でもこの小説、途中で人物のイメージが変わってしまっているのはちょっとひどいと思った・・・。

うーん、評価厳しすぎだろうか。そんなつもりはないんだけどな・・・。