いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

誘拐症候群 / 貫井徳郎

 

誘拐症候群 <新装版> (双葉文庫)

誘拐症候群 <新装版> (双葉文庫)

 

これもタイトルに惹かれてぱっと手にとっちゃった一冊。うーん、まあそれなりに楽しかったが、それなりかなぁー。

良くある刑事ドラマの小説版といった感じです。相棒のドラマに出てきそうなキャラがいたり、踊る~に出るような刑事がいたりと、そんなお話ですね。

だけど途中の進み方がちょっと無理があるような・・・。そりゃないだろ!って箇所が3つくらいありました。

ジーニアスってのもなんとなくそれっぽかったし、僧侶もなーんかそれっぽいしなぁ。

誘拐されたほうも警察に届けないなんてこと絶対にないよな。少なくとも子供が元気で帰ってきた時点で、通報して、犯人逮捕まで身辺警護してもらうわな。

こういった小説には美人が出てくるもんだけどそれはなかったですね。あ、だからあんまし良い印象にならなかったのかな。

タイトルや装飾が良かったのに少しだけ残念でした。