いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

妖怪あつめ / 湯本豪一

 

妖怪あつめ (怪BOOKS)

妖怪あつめ (怪BOOKS)

 

 図書館でなければ絶対に借りないような一冊。

なんとなく気になったので勢いで借りてしまいました。だけど以外におもしろかったんですよ。著者が文中で「○○があったら教えてください」など読者に頼んでいるところが何箇所かありました。

いやな人もいるんだろうけど、わたしは苦労している感じがして好感が持てました。

妖怪といっても新聞に載っているのやらすごろくやらメンコやら・・・。昔は本当にたくさんいたということが分かります。ですが、妖怪って最近はあまり見聞きしなくなったような気がします。

妖怪が書かれた当時の様子を考察している文章があり、なかなか楽しく読ませてもらいました。

私は、妖怪は怖いというよりはかわいいイメージのほうが強いですね。それにしても世の中にはいろんなコレクターがいるもんだ。