読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

日本海軍潜水艦物語―迫真の海底戦記 / 鳥巣建之助

 

日本海軍潜水艦物語―迫真の海底戦記 (光人社NF文庫)

日本海軍潜水艦物語―迫真の海底戦記 (光人社NF文庫)

 

タイトルの通り、海軍の潜水艦の話です。

私の祖父は陸軍だったため、海軍の書籍はこれまであまり読んだことがなかったため手に取ってみました。

潜水艦物語となっているから面白い話がたくさんあるのかと思いきや淡々と事実が記載されている内容となっていました。

兵士の気持ちや様々なエピソードが知りたい人はがっかりするかもしれません。

有名な回天の話も少し出てきます。回天の書籍も少し読んだのですが、本当に悲しくなります。

出口のない海というタイトルで映画にもなっていますので興味がある方はご参考ください。

この書籍に戦果は多く書かれていますが、アメリカの巨大な軍事力の前ではほとんど無力だったという事実を様々な関連書籍を読んで知りました。

現代の戦争では制空権を掌握することが最優先ですが、当時の日本軍は海軍を増強する方針に向かってしまったことも敗因の一つと言われています。

でも、正直なところはなっから勝てる戦争ではなかったのではないかと思います。祖父も勝てるわけないとしきりに言っていました。

この書籍にも、軍の上層部が無能だったから負けたなどと記載されていましたが、優秀な上層部だったらそもそも戦争なんてしませんってwww

レビューというよりは感想文になってしまいました。ブログのタイトル変えたほうがいいかな・・・。

 

さすがにこの本は出てこないかなと思ったのに、検索するとしっかり出てきました。Amazonってすごい。