読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

中国行きのスロウ・ボート / 村上春樹

 

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

 

休日に押し入れの整理をしていたら出てきた本です。おそらく5年ぶりくらいの再読になるのではないでしょうか。

そういえば村上氏が一番好きな作家と言いながら最近読んでおらず、久しぶりの1冊になります。

やっぱりいいですね。この空気感。

悪く言えば回りくどい表現をしている箇所もあるのですが、それがいいんです。ちょっと立ち止まって考える・・・。それが積み重なって読了するようなイメージがあります。

この作品は短編小説をいくつかくみあわせたものですが、どの作品も甲乙つけがたい感じです。

近年の作品よりもこういった古い作品のほうが個人的には好きです。