読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

天頂より少し下って / 川上弘美

 

天頂より少し下って (小学館文庫)

天頂より少し下って (小学館文庫)

 

頂上ではなくて天頂ってあたりや、表紙の絵がいいなぁと思って手に取った1冊です。

短編小説がいくつか記載されているパターンです。

 

こういう本の場合は、それぞれの短編小説がつながっていることが多いですが、この書籍は登場人物や舞台は別でした。それほどストレスなくすいすいと読める本だと思います。

感想ですが、うーん。私はこの感じ、嫌いではないです。つかみどころがないというか、ふわふわしたものをつかもうとするというか。。。

あまりいい表現ではないですが、もなかを食べたら中のあんこがほとんど入っていなかったような感じですね。

こういったときに自分の感じたことをうまく表現できないとイライラしてしまいますよね。

最後のページに作者のこれまでの作品が掲載されているのを見て、川上氏が「蛇を踏む」で芥川賞を受賞した人だとわかりました。

蛇を踏もこのような作品だったと記憶しています。内容は忘れてしまったので、今度再読してみようかと思います。