読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

ザ・シューター/極大射程

 

 マーク・ウォールバーグが彼の魅力を最大限に発揮する「ザ・シューター/極大射程」。アフリカのエリトリアで偵察任務に就いていた米海兵隊の敏腕狙撃手ボブ・リー・スワガー。だが、その攻防で援軍に見捨てられ、相棒のドニーが命を落としてしまう。3年後、スワガーは一線を退き、愛犬サムとワイオミングの山中で隠遁生活を送っていた。そんなある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領に対して暗殺計画が浮上し、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請されるのだった。やがて、その都市をフィラデルフィアに絞り、現場で監視にあたるスワガーだったが…。

 

とにかくタイトルが気になりました。

 

極大射程ってどういうことだ?とっても離れているってことか?なんて思いながら見始めました。

 

スナイパーのお話だったのですが最後まで極大ということばをどう理解してよいかはわかりませんでした。

 

戦争ものの映画でスナイパーが登場することは結構ありますが、スナイパーのみに絞ったものは初めてだったので、新鮮味はありましたが、タイトルのもやもやを最後まで引きずってしまいました。

 

なんとなく始まって、なんとなく終わってしまった映画になりました。

 

スナイパーって隠れて相手を狙い打つ役割ですからあまり派手なアクション映画にはできないし、シモヘイヘみたいな話も映画にしてもつまらないだろうし。

 

スナイパー映画って作るの難しいのかもしれません。