読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

蹴りたい背中 / 綿矢りさ

 

蹴りたい背中 (河出文庫)

蹴りたい背中 (河出文庫)

 

 この書籍は読んだことあるとずっと思っていたのですが、『インストール』だけだったことに気づき、読もうと決めました。

作家らしくない美人で・・・というと彼女以外の女性作家に失礼ですが、当時はものすごく印象に残ったのを覚えています。

内容は高校生の恋愛?ではないですね。異性に対する興味に近いかと思います。

教室で独りぼっちの主人ハツとオタクの「にな川」のお話です。にな川は作中でもこの名前で出てきます。初見だと読みにくいのでかっこを付けさせていただきました。

この人の表現はすきですね。透き通った小川が流れているような印象をうけます。

蹴りたい背中というタイトルも秀逸だと思います。個人的にはもう1回くらいどこかで蹴って欲しかったなぁ。

2度目の蹴りはにな川への好意の証として。分量も短くさらっと読める1冊です。