読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ

年間100冊を目標に、日々読みためた本のレビューをしています。

正義のセ / 阿川佐和子

阿川佐和子
 
正義のセ

正義のセ

 

 女性検事のお話です。シリーズもので、現在は3まで発売されています。


私が読んだのは1作目でしたので、主人公が幼少の頃から始まり、検事として一人前になるかならないかのところまでのお話です。

交通事故を起こしてしまった心やさしい青年やちょっとめんどくさいお兄さんを担当して、悩みながらも成長していく主人公が描かれています。

そういった検事のお仕事とは別に豆腐屋を継いだ妹やちょっと変わった恋人(ではないのですが・・・)が登場し、物語に変化を持たせています。

どの人物も特徴がうまく書き分けられており読みやすいですが、読み終わった後物足りない感が残ってしまいました。

読了後の表現がうまくできなくて困るのですが、例えるなら遠くから見るとまとまっているのですが、近づいてみるとがっかりするようなそんな感覚です。

2や3になるともう少し厚みがでてくるのかもしれませんので、機会があればそちらを挑戦してみます。