読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ

年間100冊を目標に、日々読みためた本のレビューをしています。

堕落論 / 坂口安吾

坂口安吾

 

堕落論

堕落論

 

 こちらも棚を整理したら奥のほうから出てきた1冊です。初読は確か高校生だったような気がします。

その時読んでもさっぱり意味が分からず、大学生になって再読したときもよくわからなかった記憶があります。

にも関わらず学生時代は愛読書の一つとして偉そうに語っていたような記憶がうっすらとあります。

思い出したくもない黒歴史を思い出してしまった・・・。

もういい大人になったので、多少は内容がわかるかと思って読んでみました。


この作品は坂口安吾の考え方を書き連ねた作品です。


などという感じですね。

坂口安吾の考え方を理解するというよりかは、こんな見方もあるのかという印象を受けました。

つまり、いいおじさんになっても結局は彼の考え方を消化することができなかったと。


この人は薬物びたり、競輪好き、躁鬱病らしく、なんだか激しい人ですね。
ある程度精神が錯乱した状態で書き上げた文章もたくさんあるでしょう。

彼の生き様とともに味わうと、また違った楽しみ方があるのではと思います。

私もこのブログを含めて駄文はよく書きますが、日ごろから深くものを考える習慣を持っている人の頭の中というのはこんな感じなんですかね。