いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

利休にたずねよ / 山本兼一

 

利休にたずねよ (PHP文芸文庫)

利休にたずねよ (PHP文芸文庫)

 

 こちらも映画化された1冊です。

本を読む前に映画の感想を目にしてしまったので、少し先入観を持って読んでしまいました。
内容はタイトルの通り、千利休のお話です。

ただ、その内容は史実と異なります。

小説なのですから相違があって良いと思うのですが、確かに腑に落ちない箇所がいくつかありました。


さらに映画では海老蔵さんが利休を演じていることも知っており、途中から利休ではなく完全に海老蔵さんに・・・。

なんとか最後まで読み切りましたが、まったく読んだ気がしない。

余計な知識がなければもう少し楽しめたと思うので、とても残念です。

また忘れたころに読んでみます。