読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

レ・ミゼラブル (2012)

 19世紀のフランスを舞台にした本作は、果たせぬ夢、報われぬ恋、情熱、犠牲、そして贖罪という、心奪われる物語を描き出す。これは、時代を超えて生き続ける人間の魂の証しなのだ。ジャックマン演じる元囚人ジャン・バルジャンは、仮出獄後に逃亡し、それ以来何十年もの間、無慈悲な警部ジャベール(クロウ)の執拗な追跡を受けていた。そんな折、バルジャンは工場労働者ファンテーヌ(ハサウェイ)の幼い娘コゼットの面倒を見ることを約束する。だが、その約束が彼らの人生を永遠に変えてしまうのだった

 

巌窟王として日本でも有名な物語ですが、これも印象深い一本です。

 

自宅のデスクトップパソコンで見たのですが、いきなり始まる歌とダンス。

 

あれ?俺間違えたかなと思ったのですが、説明文をよく見るとミュージカル形式の映画と書いてあるじゃないですか。

 

あちゃー。ミュージカルなんて見たことないし、やめようかなと思ったのですが、食わず嫌いはいけないと思い、最後まで見ることにしました。

 

数分見ただけで、ミュージカルってすごいと思ってしまい、すっかり引き込まれてしまいました。

 

どんな映画でもテーマ曲があったり、場面に合わせた音楽が流れたりしますが、ミュージカルは音楽とセリフと登場人物の感情がすべて一つになっているイメージです。

 

声の感じでここまで感情を表すことができるとは。

 

そしてクライマックスでは、恥ずかしながら涙を流すはめに。

 

自宅で見ていてよかった。そしてミュージカルを知ることができてよかった。

 

ミュージカルといえば次はサウンドオブミュージックかな。