いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

オペラ座の怪人

 

19世紀パリのオペラ座では、“ファントム”(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の怪事件が多発していた。歌姫クリスティーヌは、ファントムを“音楽の天使”と信じ、やがてプリマドンナへと成長するが、ある日仮面の下に隠されたファントムの正体を知る・・・(c)2004 The Scion Films Phantom Production Partnership.

てーん、てててててーん。って有名な音楽のやつです。

 

映画ではなくて、ミュージカルをカメラで撮ったものとなります。
ですから観客が座っているのも見えます。

 

オペラ座の怪人を見るのはこれが初めてで、どんな内容なのか楽しみながら見ることができました。


オペラ座の怪人の物悲しさ、さびしさがものすごく印象に残りました。

 

みんなから恐怖の対象となっているのだけど、本人は自分を認めて欲しく、誰かに愛されたいだけ。(たぶんですが。。。)

 

こんなチープな感想でよいのか微妙なところですが、他に特筆すべきこととしては舞台装置を含めた演出です。


印象的でとても良かったです。このホールはきっとオペラ座の怪人専用なんでしょうね。

 

2段になっている?後ろにスクリーンがある?など、どういう仕組みになっているのか最後まで良くわからなかったのですが、迫力ありました。


映画とは違ってこういうのはたまにはいいですね。

実際に劇場に行くとなると服装やらチケットの手配やら前提知識やら大変ですが、映画であれば気楽に見ることができます。

 

プライムビデオにはたまにこんな変わったのがあるのも面白いです。