いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

デビルクエスト

 

デビルクエスト (字幕版)
 

 伝染病が世にはびこる14世紀。十字軍の騎士ベイメンとフェルソンは、キリストの名のもとに激しい戦闘を繰り返していた。遠征と殺戮の日々に疑問を抱いたベイメンはフェルソンと旅に出る。 ふたりは食料を求めて立ち寄ったとある町で捕らえられ、病に伏せる枢機卿より「捕らえている女を人里離れた修道院へ運び、魔女裁判にかけよ」との特命を受ける。女は世を荒廃させる疫病の根源だと考えられていたのだ。 伝説的な騎士ベイメンとフェルソンに、神父のデベルザック、腕利きの騎士エッカート、若き侍者カイが加わり、そして詐欺師のハガマーを案内人とし、修道院のあるセヴラックを目指して彼らの旅がはじまる。 険しい道中、行く手を阻むかのように不可思議なことが起こり、旅の仲間が次々と危険にさらされる。それは<魔女>の仕業なのか? 果たして彼女は本当に<魔女>なのだろうか? そして彼らの前に想像を絶する巨大な“悪”が姿を現す――!!

 

ニコラス・ケイジ氏は騎士の役があまり似合っていないんじゃないかと思います。

パッケージになんとなく違和感があったので、ついダウンロードしてみてしまいました。

 

うーん。見終わってもこの違和感はぬぐえず。単純に見慣れていないだけなのかなぁ。


ニコラス・ケイジ氏が主演の悪魔退治のお話です。舞台は中世。ペストが大流行し、それを突き止めるために旅をする一行。


ペストの原因といわれている魔女を檻に入れて旅をするのですが、私はこの少女は絶対濡れ衣を着せられていると思っていました。

 

真の魔女は別にいて、物語の終盤で魔女退治に回復役として参加するに違いないと思っていましたが、そんな単純なお話ではなかったです。

 

旅の途中で豹変した彼女は恐ろしい魔女に変わってどっかにいってしまいます。

 

魔女を追いかけて、修道院に来るのですが、そこでまた一騒動あります。
実は、魔女は悪魔で、こいつが強いのなんのって。

 

今まで檻に入れられていたのにはきちんと理由があり、このままでは悪魔の思うツボとなるところ、いつものように何人か死にながらも退治し、最後に平和がおとずれるというものでした。

 

最後まで展開が読めず、面白かったですよ。

ニコラス・ケイジ氏、好きなのになぁ。