いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

コーヒー&シガレッツ

 

コーヒー&シガレッツ [DVD]

コーヒー&シガレッツ [DVD]

 

“コーヒー”と“タバコ”にまつわる愛すべき11のエピソード。コーヒーを飲みながら、タバコを吸いながら、様々な登場人物たちが、どうでも良さそうで、良くない、でもひとクセある会話を繰り広げていく・・・。(C)Smokescreen Inc. 2003 All Rights Reserved

古い映画なのかな?

 

モノクロなんて…と思っていましたが、自分の好きな色をつけられるという点で、小説の登場人物を想像するのに似ています。

 

本の醍醐味といえるのが文字から登場人物や風景を自分好みで想像できることです。

 

そのため私はあまり詳細に描写をして欲しくありませんし、かといってほとんど書いていないのもいやなのです。適度に想像できるくらいの描写がすきなのです。

 

モノクロ映画をまともに見たのは初めてだったのですが、女性の髪の色や服装、壁の色などなんとなく想像してしまっていることに気づきました。

 

きっとこれまでの経験から勝手に映画に色をつけているんでしょうね。
気づいたときにはびっくりしてしまいました。


内容は10分程度のショートストーリが11本入っています。コーヒーとタバコと会話。よくありそうな風景だけどどこかちょっとおかしい。そんな内容です。

 

よし、映画見るぞ!という気持ちで見るようなものではないですかね。なんとなく流しているという感じで、気楽にどうぞ。