いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

ゾンビーワールドへようこそ

 

スカウトに所属する3人組とタフなバーのウェートレスが、ゾンビに侵食されたのどかな町で人類を救うため、スカウトで培った技術を生かして名誉のために奮闘する。

 

ゾンビ映画としての怖さは残しつつ、ギャグとちょっとだけお下品を混ぜたような映画です。

 

冒頭に研究員がお掃除スタッフに発する「勝手に触るなよ」という言葉。

 

これって絶対触れよ!って言っているのと同じですよね。

 

案の定、勝手に触って感染源となるゾンビが復活し、二人仲良くゾンビにされてしまいます。

 

その後、オチ担当のボーイスカウトの隊長が登場したり、美人なおねーさんに助けられたりして無事に生還するというお話です。

 

主人公はボーイスカウトに属しているのですが、別にダサいなんてことはなく、普通にかっこいい青年です。

 

だけどホームセンターの武装だけは素晴らしいチョイスで、全員ダサすぎて笑ってしまいました。

 

ドアノブや草刈り機なんて。。。もっといいものあっただろうに。

 

男性限定ですが、最大の見どころはやはりトランポリンのところでしょう。

思わず顔をしかめずにはいられない、そんなシーンがあります。

 

ゾンビ好きなアメリカ人ならではのユーモアあふれた1本です。

 

ロンドンゾンビ紀行もこの手の映画だと聞きます。

プライムではまだ見られないようなので、Amazonさん対応してくれないかな。