いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

太平洋戦争の謎 / 佐治芳彦

 

 この書籍は第2次世界大戦を俯瞰してみて、いったいどこに問題があったのかを考察してある書籍になります。


歴史には「もし・・・だったら」は存在しません。当時の日本をこれくらい客観的に見ることができる人がいれば戦争はおこらなかったでしょう。

 

書かれている内容は納得がいくものでしたが、どうも後出しジャンケンを見ているような印象が残ってしまいます。


久しぶりの戦争の本でしたが、読み終わったあともあまりテンションが上がりませんでした。


よし、次の本を読みましょう。