いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

オーシャンズ13

 

オーシャンズ13 [Blu-ray]

オーシャンズ13 [Blu-ray]

 

奴らがベガスに帰って来た!シリーズ最高傑作!ド派手なリベンジにしようぜ Rating G (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

少しだけ間をおくといいながら、気になって仕方がなかったので結局見てしまいました。

 

これで11~13まで一気に見たということになり、贅沢な映画の見かただと思います。
こんなことができるのもamazonプライムビデオ様様でございます。


当初予想していたストーリーが完全にはずれてしまい、お恥ずかしい限りなのですが、今回も不可能と言われることを次々にやってのけ、盗みやら詐欺やらを成功させていきます。

 

これでシリーズ3作目になるので、見ているほうも各キャラのすみわけもしっかりつき安心してみることができました。

 

ラストの2人の掛け合いは、もしかしたら続編があるかもとうかがわせる話しっぷりでしたが、どうやらこのシリーズはこれで完結のようです。

 

残念な気もしますが、だらだらやるよりはこれくらいでスパッと終わってくれたほうがすっきりしていいですね。


気になったのはやはり13人目の存在です。

 

12人目は11で出てきたカジノ王で確定だと思うのですが、もう一人はいったい誰になるのか結局最後までぼかしてあったのですかね。

 

グレコについて語ったあの男が13人ということになるのかな。
ですが、彼は映画の中では報酬を受け取っているようなシーンはありませんでした。

 

ヘッドハンティングされた白い服の女性が13人目としてもちょっと弱いような気がします。

 

最後に救われる審査員ですが、あれを報酬と考えるとかなり高額なので、彼が13人目??

しかし彼はだましているという認識がなかったので、それも違うような気がします。。。

 

結局私の頭では13人目が特定できなかったというのが結論になります。

 

ナイト・フォックスもちょこっと出てきます。割と好きなキャラクターだったので、彼が味方だったらうれしかったのですが、そうはいかないですよね。


豪華なキャスト+ラスベガスで見ているだけでリッチな気分にしてもらえる、そんな映画でした。

 

3作品ともおすすめですが、順番に見たほうが楽しめると思います。