いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

ウォークラフト

 

“アゼロス”は長い間、平和な時代が続いていたが、悪しき勢力が迫っていた。その者たちとは、滅びゆく故郷“ドラエナー”を捨て、新たな定住地を求めるオークの戦士である。オークたちは、世界と世界をつなぐ異次元の入口“ダークポータル”を開き、侵略を始めていた。

ウォークラフトといえばゲームというイメージしかなかったのですが、この映画は良かったです。

 

特筆すべきは世界観です。オークの作りこみはすばらしいし、魔法もなかなかカッコイイし、騎士vsオークとの戦いも本当にゲームの世界がそのままリアルになったような印象を受けました。

 

ガーディアンがこれまたいいキャラクターになっているんですよね。魔法使い同士の戦いはかなり楽しめました。


ストーリーもしっかりしています。たった2時間の間に良くここまでつめこんでくれたという感じです。そのせいでややテンポがやや速く感じるところもありましたが、ついていけないということはなかったです。

 

ハーフオークは人間に恋をしたでいいんですよね。そして人間も彼女に惹かれていると。


最後はちょっと悲しい結末となりましたが、これは続編出るでしょう。あんな終わり方でおしまいなんて許せない。というかぜひ作ってくれお願いします。

 

自分もあの世界の中で暮らしてみたい思える作品でした。

 

最近のCG技術は本当にすごいですね。