いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

メドゥサ、鏡をごらん / 井上夢人

 

メドゥサ、鏡をごらん (講談社文庫)

メドゥサ、鏡をごらん (講談社文庫)

 

こちらも面白かった。


自殺をした藤井という男性の行方を追いかけていくうちに、主人公に不可解な出来事が次々と起こります。


それでも気にせず調査を進めて行くうちに、物語のキーとなるメデュサやあずさなどと言う名前が出てきます。

 

そして最後は・・・。

途中まではびっくりするくらい普通のサスペンスです。アレ?と思うところもありましたが、このまま普通に終わるのかなぁなんて読み進めて行ったのですが、見事に裏切られました。



特筆すべきは藤井と主人公である『何者か』が切り替わる瞬間でしょう。


フォントが変えてあるのでおそらくはこの辺だろうと想像はつくのですが、切り替わり方が本当に絶妙でじわじわ変わっていく感がたまりません。


また、読了後にしみ出てくるような怖さが残ります。

 

しばらくの間寝る前に「俺はいったい誰なんだろう・・・」と考えてこんでしまった自分がいました。


ちょっと危なかったですね。

 

読了後の後味の悪さはこれまで味わったことのない1冊でした。


怖いというよりは不気味な一冊です。精神に支障をきたしてもOKと言う方は、是非どうぞ。