いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

残穢(ざんえ) / 小野不由美

 

残穢 (新潮文庫)

残穢 (新潮文庫)

 

小野不由美氏の1冊。タイトルに惹かれて読んでみました。


読み方はざんえ。穢はけがれとかそういった意味合いがある文字です。



死鬼を代表作として、こわーいお話が有名な小野氏ですが、この本はすこし変わっています。


いわくつきの物件に住んでいる読者からの手紙がきっかけとなり、その怪奇現象の元を調査していく・・・・そんなお話です。


大家さんを訪ねたり、その住居を作る前に何があったのかを調べていきます。


文章の途中である心霊現象の描写はさすがです。読んでいると本当に怖くなります。


けがれが伝染病のようにうつったり、うつされたりしていくのは冷静に考えるとちょっと怖いですね。


個人的にはノンフィクションじゃないのかと思っています。