いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

インサイドヘッド

 

11才の少女ライリーの頭の中の“5つの感情たち”─ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。遠い街への引っ越しをきっかけに不安定になったライリーの心の中で、ヨロコビとカナシミは迷子になってしまう。ライリーはこのまま感情を失い、心が壊れてしまうのか? 驚きに満ちた“頭の中の世界”で繰り広げられる、ディズニー/ピクサーの感動の冒険ファンタジー。観終わった時、あなたはきっと、自分をもっと好きになっている。

前からちょっと気になっていたこの作品。子供達と一緒にみることができました。

 

頭の中に住んでいる5つの感情。喜びと悲しみが消えちゃってさあどうなるというお話。

 

悲しみと喜びの関係が良かったですね。喜びが悲しみの重要さに気付き、任せるところは不覚にも私も泣いてしまいました。

 

映画全体の設定は良く考えてあり、しっかりと作りこまれています。
小説家と同じく、脚本家というのは恐ろしい人々ですよね。


ただ、喜怒哀楽という4つの感情のほうが親しみがあるからだと思います、ビビリはなんとなくわかったのですが、ムカムカはちょっと?という感じでした。

 

英語と日本語の差なんでしょうかね。私はしばらく緑の女の子は「生意気 」かと思っていました。。。

 

あと、ビンボンが、「ビンボー」に聞こえてしまって、貧乏神みたいなものなのか?とこちらも勘違いをしてしまいました。


悲しいことは悪いことではないんですよね。
そういった感情の話を、子供達と話すきっかけとしても良かったと思います。