いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

無人島に生きる一六人 / 須川邦彦

 

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

 

 

子供が15少年漂流記を読んでいたので、私も漂流者系の書籍がないか探していたら、タイトルが似たようなこの書籍を見つけました。

 

こちらは男ばかり16人。

そしてほとんど全員が、船乗りのプロ。

 

遭難~無人島生活の間、悲しみに次ぐ悲しみを乗り越えて。。。というような話ではなく、常にあっけらかんとした船乗りたち。

 

実際には山ほど苦労があったのでしょうが、16人が明るさと希望を持ち続け、和気あいあいと生活する姿は、私もその一員になりたかったと思えてきます。

 

気になることがあって少し調べてみたら、これ実話なんですね。

 

現在は青空文庫でも見ることができるようなので、まだの方はおすすめです。

派手さはないですが、明日から頑張ろうと思える1冊だと思います。