いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

比島投降記-ある新聞記者の見た敗戦 / 石川欣一

 

 

敗戦時にフィリピンにいた捕虜がまとめた書籍です。

 

捕虜になった敗戦国の兵士としてではなく、通訳および新聞記者の視点で敗戦を見ており、とても面白いです。

 

この本の一番の収穫は死の行軍(Bataan death march)を知ったことです。

 

日本を擁護するわけではないですが、あの事件は日本軍の目線で捕虜を取り扱ったために起きた悲劇ではないかと思います。

 

日本の兵隊には通用するのかもしれませんが、水も食べ物も薬も満足にない状態であの行軍は捕虜には無理ですね。

 

私はてっきり、インパール作戦のことかと思ってしまいました。

 

また、アメリカの人々は大人で、日本人って当時はこんなにモンキーだったのかと思い知らされる記述がいくつもありました。

 

物質的にも精神的にもこれだけ差があったのですから、どうやっても勝てなかった戦争だと思います。

 

どの国のどの戦争の手記でも詳しく記述される軍食。今回はTen in one rationの話がたくさん出てきました。

 

アメリカのレーションは比較的手に入れやすいみたいなので、一度試してみたいな。