いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

グレートウォール

 

金や名声のため、強力な武器を求めて世界中を旅する男、ウィリアム(マット・デイモン)。彼はたどり着いた万里の長城で、巨大な地響きとともに圧倒的な数で迫りくる謎の生物に遭遇する。それは、饕餮(とうてつ)と呼ばれる、人間の欲深さを罰するために60年に一度現れる伝説の怪物であり、万里の長城が築かれた最大の要因だった。

万里の長城を舞台としたSFものです。

 

トカゲみたいな怪獣が都を襲うのですが、それを阻止するために「禁軍」が万里の長城に配備されます。

 

そこに偶然まぎれこんだマッド・デイモン演じる盗賊のウィリアム。狙うは黒い火薬。

 

ところが美人のお姉さまが登場して、なんだかんだで禁軍を助け、トカゲ怪獣を退治してハッピーエンドになるというお話です。

 

万里の長城に配備された兵器が中国らしいものばかりで、これが結構気に入りました。

 

バンジージャンプ系の兵器、長城から出てくるでっかいハサミなんかは中国らしくとても面白いです。

 

チャイナマネーが入っているので、肌の露出もなし、キスシーンすらなし。それが少し寂しかったかなといったところです。

 

中国の皇帝がちょっとアホっぽく演出されていたのですがあれは問題にならないのですかね。

 

ストーリーや設定に目新しさは感じませんでしたが、安心して最後まで見ることができました。

 

それにしてもマッド・デイモン氏はどれだけ映画出てるんだ。。。