いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

ROOM

 

ルーム(字幕版)
 

[部屋]から脱出した母と息子。衝撃と感動、その先にあるものとは-!?©Element Pictures/Room Productions Inc/Channel Four Television Corporation 2015

 

久々にきました。

私の映画人生の中の、5本の指に入りそうなくらいの良作。

 

もうね、後半ずっと電車の中で涙をこらえるのに必死でした。

周りから見たら相当気持ちわるいおっさんだったと思うけど、まあ仕方ないです。

 

冒頭、仲の良い母親と息子が登場し、ファミリーものかな?なんて軽い気持ちで見始めました。

 

息子がちょっとアレっぽかったので、発達障害のお話かと思いましたが、話が進むと実は部屋(ROOM)に閉じ込められていることが何となくわかります。

 

なるほど、ROOMから脱出するお話かと頭を切り替えましたが、これまた意外にあっさり脱出。

 

映画を見始めてまだ1時間しか経っていない。母親も子供も救出されてハッピーエンド!これ後半どうするの?

 

と思いましたが、ここからが本番でした。

 

決して誠実ではないじいちゃんやばあちゃん。心無いマスコミ、病院の先生。完璧でない大人たちも不器用ながらジャックを精いっぱいフォローし、少しずつ前に進んでいくジャック。

 

子供はやっぱり素直なんですよ。それを捻じ曲げてしまうのはやっぱり大人。どんな理由があったせよ、自殺未遂をした母親には相当怒りを感じました。

 

最終的にジャックの一挙手一投足がおとな達を助け、エンディングに。

 

冒頭の「Hello」をしっかりと回収してから、ママはやっと新しいステージに立つことができるようになります。

 

あー、これ書いていてまた泣きそうになった。

 

ジャックはただただ、まっすぐ生きているだけなんです。

いろいろな理由をつけて現実を受け入れられないのは、醜い大人なのです。

 

ああ、大人になんてなるんじゃなかった。