いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

エコテロリスト/織江耕太郎

 

エコテロリストの遺書

エコテロリストの遺書

 

 

エコはもちろんエコロジーのエコです。それとテロリストという全く相いれない2つの言葉。この違和感に興味がわき、手に取ってみました。

 

また、恥ずかしながら申し上げますと、エコテロリストがエロテロリストに見えてしまいまして。

 

そうです、タイトルからすぐにインリン様を思い出す年頃なんです。最近はめっきり登場されておりませんが、M字開脚固めとか、ボーノ(曙)とかいろいろな思い出が走馬灯のように。。。

 

 

肝心の中身ですが、刑事ものです。

 

一時期刑事ものがブームになったときもありましたが、これは私が感情移入できないタイプの刑事ものでした。

 

タイトルも面白く、犯人の動機とされていた点もとても面白いと思うのですが、登場人物がみんな万能で美男美女でぶっ飛んだ設定だと、自分がどの立ち位置で読んでいいかわからなくなるんですよね。

 

どうしても、一歩が入り込めない。読書家を語るのであればこれを何とかしなければと思っているのですが、本当にどうしようもない。

 

また、途中から奇をてらう目的があってかちょっとごちゃごちゃしはじめて、私には理解しがたく。

 

後半は登場人物の一人の女性をインリン様に見立てて、最後まで何とか読み切ることができました。

 

食わず嫌いはいけないと、手に取ったものはしっかり最後まで読むようにしているのですが、やっぱり好みは出てしまいますよね。

 

さて、次は何を読もうかな。