いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

オブビリオン

 

なぜ、彼は人類のいない地球に残されたのか―?2077年、エイリアンの攻撃を受け、地球は全壊。生き残った人類は、他の惑星への移住を果たすが、ジャック(トム・クルーズ)は荒廃した地球に残り、パトロール機バブルシップをかり、高度1000メートルの上空から地球を監視している。ある日、ジャックは墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ・キュレンコ)を発見する。目を覚ました彼女は、なぜか逢ったことのないジャックの名を口にした。彼女に不思議な結びつきを感じながら、次第にあらゆる現実に疑問を抱くようになっていくジャック。

他の方のレビューでは比較的高評価だったこの1本。私の中ではちょっと消化不良となってしまいました。

 

宇宙人からの侵略に対抗するために核兵器を使い、自らが廃墟となってしまった地球。地球には住めなくなったので、人類は木製のタイタンへ引っ越しを考えます。

 

タイタンまでの宇宙旅行のエネルギー確保のため、地球の海水を吸い上げるプラントが設置されています。

 

しぶとく地球に居座っている宇宙人は、ゲリラ戦でこのプラントに対する破壊行動を行っています。

 

冒頭に登場する人間はプラントを警備する一組の男女のみ。彼らが少しずつ真実を知り、最後にドカーンとなっておしまいです。

 

これってやっぱりクローンの話なんじゃないか?と思ったらクローンの話でしたし、ぼすきゃらはきかいだろうとおもったらやっぱりきかいでした。また、自分の心臓部まで無防備に通すボスキャラもなんだかなといった感じです。

 

これ以外にも細かい点が気になってしまい、最後まで納得しながらストーリーを楽しむことができなかったのです。

 

特にラストシーン。子供が登場し妻は妊娠していたから地球に残されたということがわかります。

 

だけど、いつの間にやったんでしょうか。

 

まさか、妻が大けがをしているとき?それはさすがにないでしょうから、基地に連れ帰ったとき?あの時はまだ、ちょっと塩尻エリカ似のあの子とパートナーだったはずですが。。。

 

みんな幸せになってハッピーエンドのシーンなのに疑問ばかりが残ってしまいました。

 

ゲームオブスローンズのジェイミー役であるニコライ氏が出ている映画が見たいなと思って検索しまくったので、この映画がTOPに表示されたのだと思います。

 

主役というほどではありませんでしたが、本作品にもニコライ氏は登場しており、相変わらず正義のために戦っています。

 

本と一緒で映画にも相性がありますので、気にせず次のものを見てみようと思います。

そろそろ第2次世界大戦系がみたいなぁ。