いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE

 

旅番組のロケと聞かされるも、なぜか頬にメイクを施された劇団ひとりがロケバスを降りると、何と「24時間キス我慢選手権」の開始を告げられる。自分の演じるキャラクターや舞台の設定を必死につかもうとする劇団ひとりの前に、犯罪組織“赤い闇”の女暗殺者、劇団ひとりと共に赤い闇で暗殺者として育成されたという男、ゾンビの群れ、連続猟奇殺人事件を追い掛ける刑事など、ワケありクセありな人物が次々と登場。アドリブで演技をし、何度も押し寄せるセクシー美女からのキスの誘惑と戦う劇団ひとりだが…。 劇団ひとりに課せられた条件は、“24時間キスを我慢し続けること”。 果たして劇団ひとりはこのミッションをクリアできるのか?(C)2013「キス我慢選手権 THE MOVIE」製作委員会

 

 面白いとうわさには聞いていたのですが、人が我慢しているのを見て何が楽しいのか。

 

といいますか、よほど飢えていないかぎりこの程度いくらでも我慢できるだろうと思って、ウォッチリストに入れたまましばらく放置していたのですが、なるほどこんな設定なのですね。

 

おそらくですが、おおざっぱなストーリーは事前に伝えられるのでしょう。その中で、ターゲットとなる劇団ひとり氏が、アドリブでヒーロー役を演じます。

 

ショッカーみたいな人がたくさんくれば、戦わざるを得ない方向に話は進みますし、恋人がさらわれたら取り返しに行く必要があります。

 

さまざまなイベントの中で、彼が役になりきればなりきるほど、キスを我慢するのが難しくなります。

 

さらに追い打ちをかけるように、登場する女性がびっくりするくらいかわいいです。

 

そんな女優があの手この手で攻めてくるものですから、台本にはなくてもつい勢いでしちゃいそうになるのが男心でしょう。

 

少なくとも私は我慢できないと思います。。。

 

我慢したからと言って何かご褒美があるわけでもなし、したからといって罰則があるわけでもない。

 

ただ、我慢したほうが「おもしろい」という理由だけで、最後までやりきったひとり氏の心の葛藤を考えると、とても面白い1本だったと思います。

 

こんな方法でも人を笑わせることができるのですね。このシリーズは他の人のものもあるみたいですが、ラインナップを見る限りひとり氏だったから私は楽しめたんだと思いました。

 

たまにはこんなのもいいですねぇ。