いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

エクスペンダブルズ

 

自らを消耗品と名乗り、鉄壁のチームワークを誇る精鋭部隊。ギャラは高いが仕事は確実、《エクスペンダブルズ》は傭兵業界にその名を轟かせる最強無敵の軍団だ。凶悪なソマリア武装海賊に拉致された人質を鮮やかに救出した彼らの次なる任務は、南米のヴィレーナという島国の軍事独裁政権を破壊させることだった。だが、その依頼にはかつてない危険と巨大な陰謀が待ち構えていた…。

 

金曜日の夜は仕事からの解放感からか、ドカーンとしたものが見たくなるのですよね。

 

どれにしようかなと思っていたら、ピッタリなこれがみつかりました。パッケージからして無双系の映画とわかります。

 

しかも1~3まで見られるということで、さっそく1からみてみました。

 

予想通り難しいことを考えずに、ただドッカンドッカンするのを眺めていれば良い映画でした。

 

なんといっても火薬の量がすごいです。

こんなに使って大丈夫なのかというくらい、爆発炎上しまくります。

 

主人公はもちろんチート級の能力を持っていて、弾には決して当たりません。

 

どんなにピンチになっても絶対に負けることはないと安心して最後まで見ることができました。

 

初回シーズンでこの火力ですか。これが2、3と続いたら一体どうなるのでしょうか。

続編も楽しみにしています。