いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

ラ・ラ・ランド

 

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる・・・。(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

冒頭、大渋滞からの突然のダンス。

 

あれ?これってインド映画だったかな、このあと車も躍りだす(宙を舞う)のかなと思いましたが、どうやらそうではない模様。

 

歌と踊り、素敵な景色、カラフルなドレスやライティング。 そういったものがミックスされた映画というよりかはショーに近い作品だと思いました。


女優を目指す妙齢の女性と、本物のジャズを追求するピアニスト。

才能があってもなかなか芽が出ずらい2つの分野でお互いが励ましあいながら夢に向かって 走り続けるお話です。

 

最後までこの男女の行方が気になっていましたが、そんな結果ですか。 ラストは2人とも笑顔で迎えることができたので、良しとするべきなのでしょう。

 

私の教養が足りないせいだと思うのですが、 前半はどんな顔をしてみればよいのかわからなかったのです。 しかし、後半はなぜか目が離せなくなってしまい、自分でも驚きました。 前半の1時間でこの映画を見る下地みたいなものができたのでしょう。

 

この映画を見に行った方から話を聞くと大絶賛でした。

年齢は50歳越えたあたりで私から見るとかなりベテラン映画鑑賞家なので、知識や経験があれば もっと楽しめた作品なんだと思います。

 

雨に唄えばとか見たことないですし。。。映画を語るには 10 年早そうですが、10 年後はもう少ししっかりとしたレビューがかけるようになりたいなあ。