いもじろうの読書ログ&amazon プライム映画レビュー

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

遊星からの物体X

 

遊星からの物体X (字幕版)

遊星からの物体X (字幕版)

 

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などのホラー映画の大御所ジョン・カーペンター監督が素晴らしい特撮を使い描く作品は、SFホラーの古典を映画化したものだ。カート・ラッセルが見事な演技を見せてくれる。1982年の冬、南極基地にいる12人の隊員が10万年以上も氷の中に埋まっていたエイリアンを発見する。氷が溶け出てきたエイリアンは、次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる。

 

ストーリーは比較的シンプルで、南極の氷の中に未知の生物を発見。そいつをうっかり目覚めさせてしまったので、基地の全員が大ピンチに陥るというお話です。

 

さらに、その生物(The Things ※原題にもなっている)は人間に変身できるのです。つまり、一同が同じ部屋に集まったときそのうちの何人かはすでにエイリアンに乗っ取られているという可能性があるということです。

 

この設定があるので、単なるエイリアンから逃げ回る系の話にとどまらず、エイリアンと心理戦を行うことになり、これがこの映画を面白くしていると思います。

 

人間の圧勝か、引き分け(基地のスタッフは全滅するが、エイリアンの閉じ込めには成功する)か、エイリアンが勝利を収めるのかと最後までドキドキしながら見ることができました。

 

また、エイリアンと人間が混ざった感じが結構グロテスクで、よくもこれだけ嫌悪感を感じる造形を作り出してくれたと思います。

 

人間が半分混ざったあの形は「うわぁ・・・」と思わず声が漏れてしまうくらい酷いです。あんなのに追いかけられたら逃げる前に気を失ってしまいそうです。

 

ラストはちょっと疑問に残ってしまいました。

 

ピアスが反対だったか、エイリアンだと見抜いたのですが、彼がもしエイリアンだったとしたら車の中で1対1になったときに、いつでも人間をヤレたと思うのです。

 

前のシーンをいくつか見直してみたのですが、彼が登場したときに左にピアスがあることは確認できました。

しかし、ヘリコプター墜落後に右にピアスがあったかどうかまでは確認できず。

 

さらに人間を助けるように動いたり、エイリアンを駆除しようとしたのですから、彼は人間な気がするのです。

 

もしかしてすべて彼女の勘違い?だとしたら一番恐ろしいのは人間の彼女じゃないですか。

 

冒頭変な動物をいじっていたので、実は彼女が地球外生命体。。。なんてのは深読みしすぎですかね。

 

マイナスの評価も結構ありましたが、私は結構楽しめた1本でした。

ちょっとエイリアンがグロテスクですので、その点だけはご注意を!