いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

冥談 / 京極夏彦

冥談 (幽BOOKS)

冥談 (幽BOOKS)

 

 続けて読みました。京極氏3冊目です。やっぱりこの人にははまっちゃいますね・・・。

 

この本は短編小説で、「少しだけ不気味」なお話がいくつか入っています。

 

嗤う伊右衛門 (中公文庫)とはちょっと違った作品だなー。でも京極氏らしい作品じゃないんでしょうか。

 

どの作品も難解なものはなかったし、それぞれの短編も独立しているので隙間時間でもストレスなく読むことができます。

 

京極氏の作品は装飾もこっているのでそれをじっくり見るのも面白いです。

 

次はいよいよ分厚いやつに挑戦です。京極氏の作風がだいぶつかめてきたのでそろそろ分厚いやつを読んでも入り込むことができるでしょう。

 

楽しみだ。